ファン・ロッゲレンベルグ シュナン・ブラン 

ファン・ロッゲレンベルグ シュナン・ブラン "カメラデリー" パール [2017] (正規品) Van Loggerenberg Kameraderie

  • モデル: 60bbef129c0cc196
  • 在庫状況:在庫あり
  • 4,050税込
数量:

商品情報

ロッソ&ビアンコ ヴォトル サンテ ダイヤモンド コレクション ディレクターズ カット ソフィア エレノア
[四連] 戴冠!
■シュナンオブジイヤー+若手最優秀醸造家賞+GS
TOP10+ワインマグTOP25…四冠シュナン!

【Van Loggerenberg Chenin Blanc "Kameraderie" 2017】

≪ 信じられます? 三年目の新人がこの内容。 ≫



現品限定。弊社初登場のゴールデン・シュナン!
年に数本出る、「確保すべき南アのカルト・シュナン」。例えばそれはデイヴィッド・ナディアの 『スカリーコップ&ホー・スティーン』 だったり、セイディの 『メフロゥ・カースティン』 だったり、アルヘイトの 『マグネティック・ノースマウンテン』 だったり、ラールの 『AVA』 だったりするわけですが、2019年春~夏にかけて、入手して頂きたい銘柄が今回の主役。

それが、アトキン2018年度格付け第三級ながら、【ワインズ・オブ・ジ・イヤー】にシュナン・ブラン、カベルネ・フラン、レッド・ブレンドと、なんと "三部門" にて選出され、年間でたった一人しか選されない【Young Winemaker of the Year】に輝いた若き異才、ルーカス・ヴァン・ロッゲレンベルグが手がける極希少シュナン、『カメラデリー』 の’17年です。

衝撃の四冠~あのマスター・オブ・ワインも絶賛。

南アフリカに僅か五名しか存在しない、ワイン界の最高峰資格、マスター・オブ・ワイン(以下MW)。醸造家としても有名なのはリチャード・カーショウMWかと思いますが、一方で評論家として最も知られる人物といえば、グレッグ・シャーウッドMWでしょう。

当店ではティム・アトキンを指し、「南アを最もよく知る男」と何度か申し上げましたが、グレッグ・シャーウッドもまた氏と並び称される南ア・ワインの高名な水先案内人の一人。

元トレーダーにしてワインに夢中となり、その後2007年にMWの資格を取得。現在では南ア最大級の国内品評会「SA TOP100」を筆頭に、デキャンター・アワード、ワールド・ソムリエ・アワード、ネダーバーグ・オークションなどで審査員・テイスターを務める傍ら、自身のサイト「ファイン・ワイン・サファリ」にて100点法にてスコアリングを行い、多くの愛好家から絶大な信頼を寄せられています。

Top 10 SA White Wines of the Year 2018

そんなグレッグ・シャーウッドMWが昨年末に発表した、「2018年度南ア・白ワインTOP10」。ここに選ばれたワインこそが、こちらのカメラデリー’17年でした。他の9本を見てみますと…

1・アルヘイト・ハイルクランス(10,000円)/1・ヴァン・ド・コンスタンス(11,000円)/3・セイディ・T・ヴォートパッド(日本未輸入)/4・セイディ・パラディウス(13,000円)/4・アルヘイト・マグネティック・ノース(10,000円)/4・デイヴィッド・ナディア・ホー・スティーン(10,000円)/8・マリヌー・ラディカルズ・リブレス(日本未輸入)/9・レストレス・リヴァー・シャルドネ(6300円)/10・ノーデ・セミヨン(4,600円)といった凄い面々のオンパレード(カッコ内は正規輸入元定価)。シュナン・ブランが、或いは上位8本が全てが万円オーバーという中、第四位に選ばれたカメラデリーの価格は…四千円台!

更になんとワインマグでも96点で【Top 25 Wines 2018】の年間第12位に選出。アトキンからも95点に加え、【Chenin Blanc Wines of the Year】受賞。プラッターズでは94点と準最高評価の【★★★★☆】に輝きました。

アトキンの【Young Winemaker of the Year】を含めれば四冠達成。信じられます…?これが、この価格。信じられます…?これで、まだ三年目。


▼ファン・ロッゲレンベルグ(Van Loggerenberg)
当主のルーカス・ヴァン・ロッゲレンベルグは、南アフリカのエルセンバーグ大学にて農学を学び、タルバッハ地区の 『ライクス』 にてワイン生産者としての第一歩を踏み出しました。その後アメリカに渡り、2シーズンを過ごして帰国。帰国後はパール地区の 『ドラック・マイ・ニエット』 で醸造家を務め、その後独立して2016年に自身の初ヴィンテージをリリースしたばかり。

「自分はワインメーカーというよりはファーマーだ」と言うほどに、ワインの品質は第一に畑に由来するという信念を持っています。しかしながらまだ自社畑を持っていないほどの新しい造り手。そのかわり、畑の潜在能力を見極めるセンスはピカいち。契約している生産農家のもとへ頻繁に足を運び、栽培から収穫まで丹念に取り組んでいます。醸造過程においては、市販の酵母や添加物などは一切加えず、ブドウそのものの魅力を最大限に引き出す造りを貫いています。

複数ラインナップが輸入されている中でも、目玉となるワインがこちらのシュナン・ブラン、『カメラデリー』 です。特にこの’17年は激しい争奪戦となり、なんと’16年より先にインポーター完売となりました(追加不可)。

カメラデリー(Kameraderie)

年産僅か≪4樽≫の極希少シュナン・ブラン、カメラデリー。カルト系シュナンとしては珍しいパール産。同地区の乾燥した山にある、花崗岩やコーヒークリップ、サンドストーンにシェールといった土壌質を持つ1960年植樹の畑から。株仕立て(ゴブレ式)で栽培された葡萄を、丁寧に剪定するのはルーカス自身。「特に思い入れの強い畑」と公言しています。

手摘みで収穫した後、プレスして一晩寝かせ、2~3年使用のフレンチ・オーク樽で自然発酵。10ヶ月間オリと共に熟成。マロラクティック発酵は無し。洋ナシ、桃、タンジェリンやキンカンなどの柑橘類、スイカズラ、フィンボスや微かに蜜蝋のアロマ、口当たりは重量よりは存在感が引き立ち、無限のマリアージュ(の可能性)を感じさせる内容で、錚々たる評論家たちを次々と虜にしました。度数は13.0%。

Tim Atkin South Africa Report 2018より 【TA95点

「Kameraderie hails from a two-hectare vineyard on a combination of granite, sandstone and clay, planted in 1960. Picked twice for complexity and balance, it combines exotic, peachy notes with taut balancing acidity and a savoury bite. Another brilliant release from my young winemaker of the year.」

Winemag.co.za より 【WM96点

「Grapes from a 2ha block in Paarl planted in 1960. Matured for 10 months in old oak. A haunting nose of citrus, peach, herbs and talcum powder. Once again, this wine impresses with how harmonious it is – pure fruit, coated acidity and great length. Intensely flavoured but remarkably light with no apparent gaps from entry through mid-palate to finish. "Effortless to make," says Van Loggerenberg as testament to the high quality of the fruit, and it shows.」

この価格で四冠とは恐るべし…。アンダー5000円のシュナン・ブランで、ここまで各方面揃っての賞賛を浴びたのは、前年号の 『ボーモン』 くらいなものではないでしょうか。

衝撃の大型新星、あらわる。

■G・シャーウッド96+ポイント [ Top10 White of the Year 2018 ]
■ワインマグ(Winemag.co.za)96ポイント [ Top 25 Wines 2018 #12 ]
■ティム・アトキン95ポイント [ Chenin Wines of the Year 2018 ]
■プラッターズ・ガイド94ポイント [ ★★★★☆ ]