パーカーポイント100 コニャック・テセロン LOT 29 EXCEPTION 700ml

パーカーポイント100 コニャック・テセロン LOT 29 EXCEPTION 700ml

  • モデル: 8b7f23eb80c453a3
  • 在庫状況:在庫あり
  • 42,835税込
数量:

商品情報


この商品(LOT29)とLOT53を1本づつお買い上げに付き、LOT 65を1本プレゼントします。

地区:グランシャンパーニュ
葡萄品種:ユニ・ブラン種、フォルブランシュ種、コロンバール種の3種
樽の種類:リムーザンオーク

1929年以前に作られた原酒で構成されていると言われており、世界的にも4000本以下しか流通していない非常に稀少な古酒。全てボンボンに保管されているコニャックの中からユニブラン種、フォルブランシュ種、コロンバール種の3種が慎重にブレンドされています。今ではもう使われていない、非常に小さな銅製の原始的なスチルで蒸留されており、当時はガスがなかったので、炭火の直火で加熱されていました。

なお「LOT 29」は、ロバートパーカーによって2006年に100ポイントを与えられた、世界でも唯一のコニャックとして知られています。

世界で唯一のパーカーポイント100点獲得。前々世紀のコニャックを使用した、まさに世界最高のコニャック。

2005年に行われたボルドーワイン格付け誕生150周年記念の晩餐会と、2007年のチャリティー・ディナーにおいて、2度に渡りロバート・パーカーにより100ポイントの最高得点を獲得した、世界最高のコニャック。中身には19世紀の古酒が含まれ、1929年以前に作られた原酒のみが慎重にブレンドされています。

なお、ロバート・パーカーは「LOT 29は私が味わった中で最も素晴らしいコニャックであり続けている」というコメントを残しています。

私はハードリカー 余り得意ではないんですが、ブランディーは結構好きで色々飲んでいます。もっとも、古くても酒齢50年前後くらいです。希に1880年代のアルマニャックとか1904のグラン・シャンパーニュなども飲んだことはありますが、数えるほどしか飲んだことがありません。ワインのティスティングコメントは慣れているつもりですが、コニャックは初めてです。不適切なところもあるかもしれませんが、私の感じたところを書いていきます。

使用グラス:リーデル・ソムリエ・コニャック・XO(スニフタータイプ)ブランディーを飲むのに丸いボール形のグラスに入れ、掌で暖めて飲むという写真をよく見ますが、このクラスのものにはそんなことは必要なく、冷蔵庫で12~13℃位まで冷やしてからグラスに注ぎ飲み始めた。

琥珀色にオレンジと茜色が混じったような色合い、一般的に売られているヘネシーやカミュのXOより遙かに明るく薄い色合いだ。80年くらい経ったコニャックとしては非常に薄く、故意に色付け(カラメル着色等)されておらず、熟成による自然な色合いのように思われる。グラスにうっすらと水滴が付くほど低い温度だが、掌で暖めなくても見事に香り立ってくる。白い花、百合、ジャスミン、ビターオレンジ、果物の砂糖煮、オレンジマーマレード、ナッツ、バタースカッチ、カルダモン、香菜、丁子、アニスシード、樫樽、コーヒー、シガー、メイプルシロップ、腐葉土、濡れ落ち葉、黒い土、ミネラル、自分の鼻と舌で感じられた香りとニュアンスは予想以上に多く複雑だ。が、40度のアルコールを感じさせない柔らかさとスムースさを持ちながら、力強く、強靱でしっかりとしている。

時間が経つと、全体の味わいと香りがより一層優しくこなれた雰囲気を見せ始めた。地に足がつき、芯はしっかりしているのに、全体と言って良いくらいに優しく、甘く、揺れ動いている。エレガントという言葉がピッタリくる香りと味わいだ。ロバート・パーカー 100点??と思ったが、このずば抜けた優しさ、柔らかさ、甘さを兼ね備えた香りと味わいに加え、力強さを持ちながら、軽やかでスムースな喉越しに出会えば、納得せざるを得ないだろう。実に高価なコニャックですが、あなたの持っていたイメージを変えてくれるかもしれませんよ。或る意味、危険な飲み物です。   2008.9.20